よく有る質問

よくある質問

1回の充電で何キロ走れますか?
およそ30-40km走行できます。 坂道を含めた都心での当社走行試験結果です。
最高速度は時速何キロですか?
およそ時速45km/hです。
充電時間は何時間ですか?
完全放電した状態から満充電は約7-9時間です。 約2-3時間で70%充電されます。
電気代はいくらですか?
フル充電1回で約27円です。
バッテリーの価格と耐用年数はどのくらいですか?
価格
およそ税込み定価3万円以内で、提供できるよう準備中です。

耐用年数
およそ2-3年です。 耐用年数は、使用状況、使用頻度によって大きく変わります。
毎日、完全放電まで使用した場合、約1年です。
毎日、50%放電、充電を繰り返した場合、2-3年です。
1日おきであれば、更に約2倍になります。
どのくらいの坂道が登れますか
ライダー体重60kg、約9度(16%勾配)で静止からスタートできます。
駐車場ビルのスロープが約8度です。 国道等の立体交差の勾配は約4度です。
モーター及び各パーツの販売はおこなっておりますか?
はい、おこなっております。
モーターの価格及び納期についてはホームページお問い合わせ及び販売店へお問い合わせ下さい。

ときどきあるご質問

充電の方法は?
付属の充電器を使用します。
スクーター側プラグをシート下のコンセントに差し込みます。
次に充電器の家庭用電源(100V)側プラグをコンセントに差し込みます。
充電器の赤色の充電ランプが点灯し、充電されていることを示しめします。
充電が完了すると緑のランプが点灯します。
継ぎ足し充電は可能ですか?
使用している鉛バッテリーはメモリー効果がありません。少しの走行でも、使用する度に充電するのがバッテリーを長持ちさせます。
バッテリーの残量は分かりますか?
バッテリー残量メーターでおよその残量が分かります。
メインスイッチを切り忘れたら放電しますか?
わずかですがコントローラーが電力を消費しています。
屋外で充電してもよいですか?
可能ですが、充電器は防水仕様になっていません。雨水がかからないようにしてください。
坂道走行が多いと走行距離が短くなりますか?
短くなります。走行距離は坂道の勾配や長さ、ライダー体重、積載量に大きく影響されます。
バッテリーの種類は?
密閉式鉛バッテリーで、ディープサイクル用と言う、充放電を繰り返す厳しい使用条件に対応したバッテリーです。電動車いすに使用されているバッテリーに、同じ規格のものがあります。
ナンバー登録の方法は?
登録の手続き」をご覧ください。
税金は?
原付バイク(50CC)と同じ年額¥1,000円の軽自動車税が4月1日現在の所有者に対し課せられます。尚、高性能仕様モーター(定格出力1000W)のST438Kは原付二種(125CC)で年額¥1,200円の軽自動車税が課せられます。
保険は?
自賠責保険に加入します。(必ず加入しなければなりません。)
保険加入はお近くのバイクショップまたはコンビニ等でも可能です。

保険料は、
1年  6.960円
2年  8.790円
3年 10.580円
4年 12.340円
5年 14.070円

任意保険への加入もご検討ください。自動車保険へご加入のお客様はファミリーバイク特約へのご加入がお得です。
現在ご加入の保険会社へお問い合わせください。

たまにあるご質問

充電のし過ぎでバッテリーを痛めることはありませんか?
充電器は、充電が完了すると自動的に給電を停止するようになっています。過充電の心配はありません。
自動車や発電機から充電できますか?
AC100Vで300Wの出力があれば可能です。
雨の日に使用しても大丈夫ですか?
通常の雨天であれば問題なく走行できます。但し、モーターが水没するような状況は避けてください。
お問い合わせはこちらから